« 映画「エリザベス」にゆく | トップページ | カフェラテボール »

豚肉の洋食屋さん風ソテー

最近はまってる、豚肉ソテー。

これはつけだれに漬けといて、フライパンで焼くだけなので簡単。

豚肉の洋食屋さん風ソテーのレシピ(2人分)

Dsc00895

 豚ロース  2枚
 コンソメ   1個
 水      200cc
(たれの材料)
 タマネギ  1/2個 すりおろし
 ニンニク  1片   すりおろし
 ケチャップ 大4
 ソース   大3
 酒      大3
 

 1 豚ロースを筋切り+厚ければたたいてのばす
 2 たれに1~2時間つけ込む
 3 フライパンにサラダ油熱し、両面焼く
  (こげないようにたれはよく落としておく)
 4 焼けたら残ったたれ・水・コンソメ入れて煮詰める

やっぱり豚肉はおいしーですねー。

イスラム教の人は豚肉食べないんですよね。他のお肉は食べるのに、日本人のあたしの感覚ではなんか不思議な感じがします。もちろんきちんとした信条に基づく習慣なのでしょうけど。

他のお肉は食べるといっても、彼らは「ハラル」と言われる肉しか食べません。シドニーに来て初めて知った言葉です。
オーストラリアには、イスラム教徒の人がたくさん住んでいるので、ハラルミートを売るお店がきちんとあり、そこで買うそうです。うちの近くには見あたらないので、あたしはまだ行ったことないんだけど。

イランの人とモロッコの人に説明してもらって、あたしの理解できた範囲では、「ハラル」は牛などの動物を、宗教的な方式に則って処理したお肉のことで、最初に血をきれいに取り除くから、味もいいということです。

なるほど。いろんな習慣があるのね。

|

« 映画「エリザベス」にゆく | トップページ | カフェラテボール »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500891/17291284

この記事へのトラックバック一覧です: 豚肉の洋食屋さん風ソテー:

« 映画「エリザベス」にゆく | トップページ | カフェラテボール »