« ベトナム料理 | トップページ | 寝込み中 »

韓国料理

えー。今日は韓国料理を食べにゆきました。

別に家事を放棄しているわけではありません。
最近、天気がよくおでかけ日よりなだけです。
で、昨日のベトナム料理に続き、今日は韓国料理です。

シドニーにはコリアンがたっくさんいます。住んでいる人もたくさんいるし、ワーホリなどで来ている若い人々もたくさんいます。よって、おいしい韓国料理やさんもたくさんあるわけです。

今日行ったのは、ワールドスクエア近く、リバプールストリート沿いにある「BBQ CITY」というお店。きれいだし、おいしかった。

Dsc01639

これは、おなじみ。石焼きビビンバ。

Dsc01641

これもおなじみ、冷麺。

Dsc01640

シドニーの韓国料理やさんのいいところは、なにか料理を頼むと、このようにいろいろなサイドメニューがタダでついてくるところです。
キムチとかナムルとかマカロニサラダみたいなのとか、今日のお店は5皿も付いてきました。しかもおいしい。

ただ、お店のお客さんは圧倒的にコリアンが多いらしく、うちらも当然のようにコリアンとして扱われ、

「いらっしゃいませー。2名様ですか?」(多分こう言ってた)

に始まり、

「冷麺の麺の種類はどっちにしますか?」

「お会計は○○ドルです」

に至るまで、全部韓国語で言われる。

さすがに、麺の種類はわかんないから、

「2つの麺の違いはなんですか?」と英語で尋ねると

「This is delicious」と適当に片方の麺に決められるcoldsweats01

韓国料理やさんでバイトをしている人は、あまり英語力を求められずに雇われるらしいので(お客さんのほとんどがコリアンのため)、仕方ない。

それから、お会計の数字を韓国語で言われてもさすがに分かんないので、だんなはんが「我々日本人なんですよー。」と言ったら、「あー、すいません。てっきりコリアンかと」と言われました。

確かにけっこう見分けつかないです。

ちなみにあたしは中国語で話しかけられたことが、3回くらいあります。

日本にいたら、コリアンとかチャイニーズとか分かる気がするんだけど、ここはとにかくあらゆる人種の人々がいるので、我々日本人からしても、ジャパニーズとコリアンとチャイニーズを見分けるのはけっこう難しい。

|

« ベトナム料理 | トップページ | 寝込み中 »

カフェ・レストラン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500891/40509933

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国料理:

« ベトナム料理 | トップページ | 寝込み中 »