« 鶏ももと卵の煮物 | トップページ | バレエ スワンレイク »

ベジマイトの食べ方

「ベジマイトな毎日」
というタイトルを掲げておきながら、冷蔵庫に眠る黄色いビンのあいつを、わたしは全然食べてませんでした。

だんなはんは4日に1回くらいの割合で、チーズを乗せたトーストに塗って食べています。がんばってます。

そしたら今日、英語クラスでオージー先生がベジマイトをビンごと持ってきて、いかに体にいい食べ物かを力説し、ベジマイトが大人気となったきっかけというCMソングを歌い、さらにはベジマイトの歴史まで説明した上で、バターとベジマイトを塗ったクラッカーを強制的にクラス全員に配り、みんなで食べたわけです。

あたしは、先生がベジマイトのビンを見せた時に、

あー。うちの冷蔵庫にあるけど、あたし食べれないんだよ。ひどい味だよー。

と先手を打ってみたんだけど、先生の圧倒的な熱意に負けて食べたわけです。まあ、味は知ってる味だったわけですが、なんかクラッカーとバターの味がけっこうおいしかったから、それに紛れてそんなにまずく感じなかったんです。

バターと一緒に塗ったらマッチベターだね。

って言ってみたら、

でっしょー!そうでしょー!!!いけるでしょー!(注:英語)

ものすごい、満足そう。ああ、やっぱりこの人はオージー。ベジマイトに対する、なみなみならぬ愛着を感じたのでした。

で、先生によれば、やはりトーストに塗るのがもっともよい食べ方で、

バターとベジマイトを塗り、トマトを乗せると最高!

ということです。

ポイントはとにかく毎日食べ続けることだそうで、そうすれば、味にも慣れてくるし、ビタミンB群がたっぷり摂取できるし、なんと蚊にも刺されなくなるそうです。なんでだ?

お料理番組で、ラムの煮込み料理に「隠し味にベジマイト!これが最高!」と言って入れてるのを見たことがあるけど、やっぱり味は変わらないみたいなので、あのお味が苦手な人は、料理には入れないほうが無難ではないかと思います。料理に入れてしまって取り返しがつかなくなるのは避けたいです。

よって、結局はトーストにちまちまと塗るのが、もっともよい食べ方かと思われます。

豪に入れば、豪に従え

ですな。

|

« 鶏ももと卵の煮物 | トップページ | バレエ スワンレイク »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500891/40841934

この記事へのトラックバック一覧です: ベジマイトの食べ方:

« 鶏ももと卵の煮物 | トップページ | バレエ スワンレイク »