« 2008年4月 | トップページ

2008年5月

マックスブレナー

オージーはチョコが好き。とにかくみんなチョコが好き。

そんなわけで、チョコレート専門店がけっこうあります。その中のひとつが、マックスブレナーというお店で、チョコも買えるし、ホットチョコレートやチョコレートのケーキなどがお店でいただけたりもします。

その中のメニューでも、おもしろいのが、これ。

Dsc01915

SUCKAO(サッカオ)という飲み物。右側のやつ。
小さいチョコレート粒(今回はホワイトチョコレートをオーダー)を、キャンドルで暖められたミルクに入れて、溶かしながら金属のスプーン付きストローで吸って飲む、というものです。吸うの意味の「Suck」と、カカオをくっつけた言葉らしいです。

ちなみに左側はホットチョコレートにコーヒーが混ざった飲み物。これも非常においしいです。

わたしはチョコが好きですが、さすがにこういう甘いものを飲みながら、チョコレートケーキは食べれません。しかし、オージーはチョコレートのどっばーとかかったワッフルのようなものを食べながら、ホットチョコレートを飲んでいたりします。

見てるだけで鼻血でそうです。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

タイ料理やさん

先日、タイ人の女性とお話する機会がありまして。さすが、微笑みの国、タイ。とても笑顔のステキな方でした。彼女のだんなさんが日本人だったのですが、タイの女性と結婚したくなる男の人のキモチが分かる気がしました。

あたしも、ああゆう笑顔を心がけて生きていきたいものです。

で、とりあえず、料理からということで。
タイ料理食べに行きました。
シドニーには本当にタイ料理屋がいっぱいあります。フードコートにも必ずあるし、街中にもとにかくたっくさんあるのですよ。そして、おいしいのですよ。

今回行ったのは、Pitt Stにある、SAAP THAI というお店です。比較的きれいで広くて入りやすい感じです。

いただいたのは、

Pad thai(パッタイというやきそばみたいな料理)

Dsc01995

Tom yum noodle(トムヤムクンに麺が入ってる)

Dsc01994

どちらも非常に美味。8ドルくらい。お得。

私は辛いものが苦手なタイプなのですが、シドニーのタイ料理は日本のタイ料理のように辛くなく、とってもおいしいです。野菜もたくさん入ってて、体にもよさそう。

タイ。すばらしい。

ええと、書いておきたいことは、タイ料理がおいしいということと、ほほえみを常に忘れずに生きていこうと思う、ということです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BILL'S

今日は、とっても有名な人気カフェ、

BILL'S

に行ってきました。ビルズはシドニーに3店あるらしいのですが、われらが行ったのはサリーヒルズのお店。

他のカフェと漂う雰囲気が何か違う。すっきりしてて落ち着いてる。

他にもステキなカフェはたくさんあるけど、シドニーのカフェはもっとごちゃっとした感じのお店が多いんですね。イスとかテーブルとかが違う種類のものが置いてあったり(もちろんわざとだろうが)、いろんな絵が飾ってあったり、新聞とかがごちゃっと置いてあったり。それらと比べて、ビルズは日本の一般的なきれいなカフェに雰囲気が似ていました。他の2店も同じかはわかんないけど。

オーダーしたのは、当然ながら

スクランブルエッグと、

Dsc01929

リコッタチーズのホットケーキ

Dsc01931

おいしゅうございましたよ。本当に。

日本だと、そんなにまずいことってないじゃない。でもシドニーはおいしいところとそうでないところの差が非常に激しいので、おいしいところにあたると本当にうれしいです。

天気予報に反して(まあ、当たらないことのほうが普通なのですが)、とってもいいお天気だったので、オックスフォードストリートを散歩して、パディントンまで行って、バスに乗って帰ってきました。

行きは歩いて行ったんだけど、初めての場所だったから、ちょっと歩道で立ち止まってちょっときょろっとしたら、すかさず横を歩いてたおじいさんに、

どこ行きたいの?

って言われて、

ビルズっていうカフェに行きたいんだけど、

って言ったら、

ああ、ついて来なよ。

って言われて、カフェのすぐ近くまでおじいさんのゆーっくりした歩調に合わせて、おしゃべりしながら行くことになり。

おじいさんは40年くらい前に日本にいたことがあり、池袋に住んでいたそうです。なぜ、こうもオージーはこぞって日本に行ったことがあるのでしょうか。まあ、日本のことが好きな人が、日本人を見つけて話しかけてくるからかもしれないけど、とにかく、日本に行ったことがある人がやたら多く感じます。

目的地まで着いて、ここのすぐ先だよ、って言われ、

ああ、ここクラウンストリートねって言ったら、

クゥゥラアァァウンね、

と、Rの発音をすかさず直されました。

あー、もうその発音は絶対できないんだよ、って言ったら、おじいさんはとっても得意げに何度も巻き舌をして、

RRRRRRRRRR、とやってみせる。

ほらほらやってみなよ。
いや、だからできないのよ。
あははーできなんだよねー日本人はねー、おもしろいよねー。

なんだよ、できないって知ってんじゃんか。

でもとっても親切で楽しいおじいさんでした。こういうフレンドリーな人がたくさんいるところが、この国のいいところのひとつですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アボカド卵サラダとスシクラス

おととい、クラスメートのブラジル人に頼まれて、うちで巻きずしの作り方を教えました。彼女のだんなさんは日本が大好きで、お寿司も大好きで、ぜひ寿司の作り方をマスターしたいということで。特に、酢飯の作り方が知りたいっていうから、ごはんをパタパタあおぎながら、「素早く冷ましながら、お酢を混ぜていくのがポイントなのだ」とか言ってみたり。

とっても明るい彼女は、とっても喜んでくれて、自分でつくったやつを

Oh, my lovely Sushi! I'm so proud!!

と言って大事そうに持って帰ってゆきました。

喜んでくれたのはよかったのですが、今回もあたしはいわゆる、きゅうりとツナ缶という邪道な具で教えてしまい、(酢飯はちゃんとオーソドックスなやつを教えました)ちょっと罪悪感もあったりするわけですが、彼女は、ブラジルではクリームチーズの寿司が大人気よ、最高よ、と主張していたので、まあそれに比べれば、きゅうりとツナ缶の具は日本人として許される範囲なのではないかと思ったり。

それとアボカドも買っておいたんだけど、使わなかったから、どうしたものかとレシピを検索していたら、簡単でおいしそうなやつがあったんで作ってみました。

アボカド卵サラダのレシピ(2人分)

Dsc01922

 アボカド   1個
 ゆで卵    2個
 マヨネーズ  大3
 ミルク     大1
 かつお節   1/2パック
 しょうゆ   適量

 1 アボカドは1口大にカットして、お皿に
 2 ゆで卵は細かいみじん切りにして、塩こしょう
 3 マヨネーズとミルクを2に混ぜる
 4 アボカドの上に3をかけ、かつお節もかける
 5 しょうゆを1回しかけて、完成

簡単で、おいしかったのでおすすめです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タロンガズー

今日ついに、シドニー観光の定番、

Taronga Zoo

に行ってきました。なんか今まで行くきっかけを失っておりまして。今日のシドニーは快晴で暑くも寒くもなく、絶好の動物園日よりでございました。

タロンガズーまではサーキュラーキーからフェリーでわずか15分。近い。わずか15分だけど、外の席に座ると景色もとってもきれいで楽しめます。
前のインド系ファミリーは15分間、ずーっと写真撮影をしていました。確かに絵になる景色が続くので、気持ちは分かる。でもちょっとはカメラ越しじゃない景色も楽しんだらどうかなあ。

タロンガズーは、広くていろんな動物がいて景色もよくてとてもいい。

最近、海の生き物エリアが新設されたということで、ペンギンやアシカなどにも会えます。お得。

キリン越しのシドニーシティの景色もとてもよかったし、カンガルーやワラビー、コアラももちろんかわいいのですが、個人的にはカモノハシ(platypus)の泳ぎ方とハリモグラ(echidna)の動きをじーっと観察してたらかなりおもしろかったです。どちらもオーストラリアにしか生息していない、珍しい動物らしいです。

Dsc01849

ちょっとわかりにくいけど、これハリモグラ。

それから、かわいさで好きなのは、ウォンバットなのですが、今日はみんな室内で寝ている子ばかりでちょっと不満。タスマニアで見たやつのほうがかわいかった。そんなわけで、ウォンバットのぬいぐるみを買って帰ってきました。

まだ行ってない方は是非。動物そんなに好きじゃなくてもけっこう楽しめると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スナッパーとマーケット

今日は朝から、月に1回だけ開かれる

The good living grower's market

というのに行きました。朝市みたいなマーケット。

場所はPyrmont Bay Park という、Star City Hotel 前の公園。

パンやオリーブオイルやジャムやナッツやハニーをはじめ、ダッグやラムやソーセージなども売ってるし、野菜やお花なども売ってる。コーヒーやバーガーのお店もあるし、音楽の演奏もあり。いい感じのマーケットだった。月に1度しかないのが残念。

Dsc01798

こんな感じでたくさんストールが並んでます。
後ろが、スターシティー。

その後、Fish Marketでスナッパーフィレを買い、初めて鯛の料理に挑戦。とはいっても普通にホイル焼きにしただけなんですが、これがおいしかった。サーモンばっかりじゃなくて、スナッパーももっと早く買ってみればよかったなあ。キロあたりの値段が高いから、なんとなく腰が引けてたんだけど、小さい切り身を2切れ買ったら、サーモンより安いくらいでした。

そんなわけで、

スナッパーフィレのホイル焼きのレシピ

Dsc01808

 スナッパーフィレ  2切れ
 マッシュルーム   2~4個 薄くカット
 バター        大1 小さくカット
 しょうゆ       大2
 酒          大2

 1 スナッパーをホイルの上に置き、
   サイドにマッシュルームを並べる
 2 魚の上にバターを乗せ、しょうゆと酒をかける
 3 ホイルで包み、220度のオーブンで約15分

付け合わせは、アスパラガスとベーコンのソテーです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

牛薄切り肉ソテー

今日は、牛肉のスライスを使った簡単でおいしい一品。

牛薄切り肉ソテー(2人分)

Dsc01796

 牛薄切り肉    200g
 たまねぎ     1/2個 スライス
 ニンニク      1片 みじん切り
 バター       10g
 しょうゆ      大1
 みりん       小1

 1 フライパンにサラダ油熱して、玉ねぎ炒める
 2 透明になったら、牛肉加える
 3 色が変わったら、バター入れる
 4 さらに、しょうゆとみりん加える
 5 全体を混ぜて完成

めちゃ簡単。

そして、日本の牛薄切り肉で作ったら、必ずおいしい。

シドニーでは、残念ながらおいしい牛肉の薄切りは簡単には手に入らないんですな。そもそも薄切り肉というものが普通のスーパーマーケットには売ってないので、薄切り肉はアジア系のお店で冷凍で売ってるものを買うんですが。

まあ正直、あんまりおいしくないです。オージービーフのステーキは、けっこうおいしいと思うんだけど、冷凍の薄切りのオージービーフは。。。。。。。

でもいっつもステーキだと飽きてきて、薄切りのお肉が食べたいなあと思うんだわ。

日本に帰ったら、また作ろうと思う1品です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BIGGEST LOSER

今日は、チャンネルテンでここのところほとんど毎日やってた番組、

BIGGEST LOSER

の最終回でした。

これは、とても太っていてやせたいと思っているオージーが、たくさん集まり、みんなで一つの家に住み、やせるために日々ワークアウトをしたり、健康的な食事をしたり、いろんなゲームをしたりしながら、どんどん人が減ってゆき、最終的に勝ち残って最も体重の減った人が、ビッゲストルーザーとして、200000ドルの賞金をもらえるという衝撃的な番組です。

かっこいい男性と完璧なスタイルの女性のトレーナーが出てきて、「ホリデーイズオウバー」とが叫びながら、きびしーいワークアウトをさせたりするわけです。

ちょうど夕食時にやってるし、思わずほとんど毎日番組見ちゃった。

で、優勝したのは19歳のサムくんという、かわいい顔をした男の子だったのですが、これがなんと、71キロの減量。最初の体重は150キロくらいだったので、もうほとんど半分になってるわけですよ。ほんとに別人になってるんですよ。

他人ながら、思わずこっちまでうれしくなってきちゃうくらい変わってるわけです。

日本ではちょっと作れない番組だろうなあ。
オーストラリアならではの番組という感じがしました。あ、もともとはアメリカの番組をまねたものなので、アメリカ版もあるのですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ