グルメ・クッキング

アボカド卵サラダとスシクラス

おととい、クラスメートのブラジル人に頼まれて、うちで巻きずしの作り方を教えました。彼女のだんなさんは日本が大好きで、お寿司も大好きで、ぜひ寿司の作り方をマスターしたいということで。特に、酢飯の作り方が知りたいっていうから、ごはんをパタパタあおぎながら、「素早く冷ましながら、お酢を混ぜていくのがポイントなのだ」とか言ってみたり。

とっても明るい彼女は、とっても喜んでくれて、自分でつくったやつを

Oh, my lovely Sushi! I'm so proud!!

と言って大事そうに持って帰ってゆきました。

喜んでくれたのはよかったのですが、今回もあたしはいわゆる、きゅうりとツナ缶という邪道な具で教えてしまい、(酢飯はちゃんとオーソドックスなやつを教えました)ちょっと罪悪感もあったりするわけですが、彼女は、ブラジルではクリームチーズの寿司が大人気よ、最高よ、と主張していたので、まあそれに比べれば、きゅうりとツナ缶の具は日本人として許される範囲なのではないかと思ったり。

それとアボカドも買っておいたんだけど、使わなかったから、どうしたものかとレシピを検索していたら、簡単でおいしそうなやつがあったんで作ってみました。

アボカド卵サラダのレシピ(2人分)

Dsc01922

 アボカド   1個
 ゆで卵    2個
 マヨネーズ  大3
 ミルク     大1
 かつお節   1/2パック
 しょうゆ   適量

 1 アボカドは1口大にカットして、お皿に
 2 ゆで卵は細かいみじん切りにして、塩こしょう
 3 マヨネーズとミルクを2に混ぜる
 4 アボカドの上に3をかけ、かつお節もかける
 5 しょうゆを1回しかけて、完成

簡単で、おいしかったのでおすすめです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スナッパーとマーケット

今日は朝から、月に1回だけ開かれる

The good living grower's market

というのに行きました。朝市みたいなマーケット。

場所はPyrmont Bay Park という、Star City Hotel 前の公園。

パンやオリーブオイルやジャムやナッツやハニーをはじめ、ダッグやラムやソーセージなども売ってるし、野菜やお花なども売ってる。コーヒーやバーガーのお店もあるし、音楽の演奏もあり。いい感じのマーケットだった。月に1度しかないのが残念。

Dsc01798

こんな感じでたくさんストールが並んでます。
後ろが、スターシティー。

その後、Fish Marketでスナッパーフィレを買い、初めて鯛の料理に挑戦。とはいっても普通にホイル焼きにしただけなんですが、これがおいしかった。サーモンばっかりじゃなくて、スナッパーももっと早く買ってみればよかったなあ。キロあたりの値段が高いから、なんとなく腰が引けてたんだけど、小さい切り身を2切れ買ったら、サーモンより安いくらいでした。

そんなわけで、

スナッパーフィレのホイル焼きのレシピ

Dsc01808

 スナッパーフィレ  2切れ
 マッシュルーム   2~4個 薄くカット
 バター        大1 小さくカット
 しょうゆ       大2
 酒          大2

 1 スナッパーをホイルの上に置き、
   サイドにマッシュルームを並べる
 2 魚の上にバターを乗せ、しょうゆと酒をかける
 3 ホイルで包み、220度のオーブンで約15分

付け合わせは、アスパラガスとベーコンのソテーです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

豚ロースと玉ねぎのソテー

今日はシンプルな味付けの豚ロースのソテー料理。

玉ねぎたっぷり食べれます。

豚ロースと玉ねぎのソテーのレシピ(2人分)

Dsc01790

 豚ロース  2枚
 バター   適量
 玉ねぎ   1個 スライス
(漬けだれ)
 しょうゆ   大1.5
 酒      大5
 にんにく   1片 すりおろし

 1 豚ロースは厚ければ少し伸ばす
 2 たれに1~2時間漬け込む
 3 フライパンにサラダ油熱して豚ロースを
   両面焼く(中火)
 4 1度取り出し、バターを熱して玉ねぎ炒める
 5 しんなりしたら、肉と漬けだれ入れる
 6 ふたをして弱火で5分程度焼く

オーブンを使ってもいいんだけど、フライパンだけでも十分おいしくできます。蒸し焼きにする感じにすればそんなに固くならないよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

しょうがごはんと浅漬け

最近、ステーキとマッシュポテトとサラダのような、典型的オージー簡単メニューみたいなのが多くなっておりました。

そんなわけで、今日は和食を作成。シドニーで発行されている日本人向けの情報紙に載っていた炊き込みごはんに挑戦。材料も簡単に揃うし、作り方も簡単でありがたし。

あと、数ヶ月前から気に入ってよく作っているキュウリの浅漬けも。

Dsc01779

まずは、

しょうがごはんのレシピ

 新しょうが 40g
 ひき肉(鶏または豚) 50g
 米     1合半
(合わせだし)
 水     360cc
 酒     20cc
 みりん   20cc
 しょうゆ  10cc
 塩・だしの素 少々

 1 しょうがは皮をむいて、ごく細い千切りに
 2 ひき肉をボールに入れて熱湯を注ぎいで
   ひと混ぜし、ザルに上げる
 3 炊飯器に米、1と2、合わせだし入れる
 4 あとは炊くだけ

ポイントは、新しょうがを使うこと、3のときに全体を混ぜないこと、だそうです。あと、しょうがを千切りにするときは、ピーラーでスライスしてそれを包丁で千切りにしていくと、素人でもほそーく切れる、ということです。

あー。シドニーは今、夏から秋になったところなので、新しょうがの季節なのですが、日本では新しょうがっていつ出回るんでしょうか。新米主婦なのでわかんない。ご容赦を。

2の作業は、オーストラリアの肉は臭みが強いから、熱湯をかけることによって余分な脂を取るっていうことなので、日本のひき肉ならしなくていいかも。

しょうがはけっこう辛みが強いので、しょうがの辛みが苦手な人はもっと少なくしたほうがいいと思います。

つづいて、

キュウリの浅漬けのレシピ

 キュウリ 2本
(調味料)
 しょうゆ 大2
 ごま油 大1
 酢    大1
 酒    小2

 1 きゅうりをこぶしでたたき、長めの乱切りに
 2 ビニール袋に調味料入れ、きゅうり入れる
 3 しっかりしぼって、冷蔵庫で1~2時間

これ簡単。めちゃおいしい。シドニーで売ってるきゅうりは日本のきゅうりより短くて太い。味はあんまり変わらないと思うんだけど、日本のに比べるとぱりっと感があまりないので、漬け物にしたほうがぐっとおいしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ベジマイトの食べ方

「ベジマイトな毎日」
というタイトルを掲げておきながら、冷蔵庫に眠る黄色いビンのあいつを、わたしは全然食べてませんでした。

だんなはんは4日に1回くらいの割合で、チーズを乗せたトーストに塗って食べています。がんばってます。

そしたら今日、英語クラスでオージー先生がベジマイトをビンごと持ってきて、いかに体にいい食べ物かを力説し、ベジマイトが大人気となったきっかけというCMソングを歌い、さらにはベジマイトの歴史まで説明した上で、バターとベジマイトを塗ったクラッカーを強制的にクラス全員に配り、みんなで食べたわけです。

あたしは、先生がベジマイトのビンを見せた時に、

あー。うちの冷蔵庫にあるけど、あたし食べれないんだよ。ひどい味だよー。

と先手を打ってみたんだけど、先生の圧倒的な熱意に負けて食べたわけです。まあ、味は知ってる味だったわけですが、なんかクラッカーとバターの味がけっこうおいしかったから、それに紛れてそんなにまずく感じなかったんです。

バターと一緒に塗ったらマッチベターだね。

って言ってみたら、

でっしょー!そうでしょー!!!いけるでしょー!(注:英語)

ものすごい、満足そう。ああ、やっぱりこの人はオージー。ベジマイトに対する、なみなみならぬ愛着を感じたのでした。

で、先生によれば、やはりトーストに塗るのがもっともよい食べ方で、

バターとベジマイトを塗り、トマトを乗せると最高!

ということです。

ポイントはとにかく毎日食べ続けることだそうで、そうすれば、味にも慣れてくるし、ビタミンB群がたっぷり摂取できるし、なんと蚊にも刺されなくなるそうです。なんでだ?

お料理番組で、ラムの煮込み料理に「隠し味にベジマイト!これが最高!」と言って入れてるのを見たことがあるけど、やっぱり味は変わらないみたいなので、あのお味が苦手な人は、料理には入れないほうが無難ではないかと思います。料理に入れてしまって取り返しがつかなくなるのは避けたいです。

よって、結局はトーストにちまちまと塗るのが、もっともよい食べ方かと思われます。

豪に入れば、豪に従え

ですな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鶏ももと卵の煮物

今日は、鶏もも肉で和風なものを作ろうと思い、いろいろレシピを検索しておいしそうなやつを見つけました。ネットのレシピでは鶏ガラスープでしたが、うちになかったので、和風だしで作ってみました。

しょうがの風味がきいてておいしかったよ。

鶏ももと卵の煮物のレシピ(2人分)

 鶏もも肉  250g
 卵      2個
 サラダ油  大1/2
 しょうが   みじん切り 小2
(調味料)
 和風だしの素 小1
 酒        大2
 しょうゆ    大2
 砂糖      大1
 水       1カップ

 1 鶏ももは一口大にカットして、塩・こしょう
   小麦粉をまぶす
 2 卵はゆでておく
 3 鍋に油としょうが入れ、肉を両面焼く
 4 調味料を入れて煮立ったらアク取る
 5 弱火にして卵加え、落としぶたをして
   約15分煮る

ブロッコリーを添えてみた。

Dsc01741

写真暗くてよく見えないねえ。おいしくなさそうですが、おいしいです。

なぜ最近、写真がきれいに撮れないのかなーと思ったら、季節が秋になって晩ご飯食べる時間にはもう外が暗くなってるからかですね。夏の間は晩ご飯の時間でもまだ外がすごく明るかったからねえ。

サマータイムも先週で終わったし、もう秋です。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

ズッキーニのチーズ焼き

ズッキーニはこちらではいつもどこでも売ってます。

今日はズッキーニを使ったサイドメニューのレシピ。

ズッキーニのチーズ焼き(2人分)

Dsc01740

 ズッキーニ   小2本
 オリーブオイル 適量
 ベーコン    1枚 7mm幅にカット
 溶けるチーズ 適量

 1 ズッキーニは部分的にピーラーで皮むく
 2 7mmの輪切りにして、水につける
 3 水気をふいて、フライパンにオリーブオイル熱し
   カットしたベーコンと一緒に両面焼く
 4 焼けたら、チーズを乗せて弱火にして
   ふたをする
 5 チーズ溶けたら完成

ベーコンとチーズが塩味が少ないものなら、ズッキーニ焼くときに塩・コショウするといいです。それから、ズッキーニは大きいものなら1本で十分です。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

豚の角煮

久しぶり、お料理のレシピです。

今日は「豚の角煮」。

だんなはんのフェイバリットです。

豚の角煮のレシピ(4人分くらい)

Dsc01736

 豚バラブロック 700g
 ネギ 青いところ 適量
 しょうが      適量
(調味料)
 酒    1カップ
 みりん  大3
 砂糖   大3
 しょうゆ 大4

 1 豚バラは適当な大きさにカットして、
   フライパンで表面に焼き目をつける
 2 肉を鍋に移し、ひたひたの水・ネギ・しょうがを
   入れて、1~2時間ゆでる(弱~中火)
 3 ゆで汁を捨てて、肉の表面の油をぬるま湯で洗う
 4 鍋に肉としょうが、ひたひたの水を入れ、
   煮立ったら、調味料を入れて落としぶたする
 5 弱火で約1時間煮る
 6 ゆで卵加え、さらに30分~1時間、
   煮汁がなくなるまで煮る

圧力鍋を使わないので、時間かかります。
でも、放置しといていい時間が長いので、慣れるとそんなに面倒じゃないです。

今回は、チャイナタウンの肉屋じゃなくて、地元のオージースーパー「IGA」で買ったポークベリーを使ったんだけど、ある程度カットしてあって使いやすかったし、おいしかった。チャイナタウンの肉屋のおばちゃんは、ジャパニーズガールにあたりが強くbearing、買い物するのにパワーが要るので、スーパーで角煮用のお肉が買えるのはありがたい。

   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チキンケチャップソテー

今日のメニューは、チキンケチャップソテー。

わたしのもっとも頼りにしているブログ

「こうちゃんの簡単レシピ」

からの一品。

http://blogs.yahoo.co.jp/boooy2005/48387349.html

こうちゃんの写真と比べると見劣りしますが、

Dsc01532

こんな感じ。

おいしーです。ほんとに。

こうちゃんレシピは任天堂DSのソフトにもなるんだって。

ほしいなあ。

ちなみに今やってるDSは、「どこでもヨガ」。

日本から送ってもらったんです。

いろんなヨガのポーズチェックできたり、

体調に合わせたコースがあったり。

よくできてる。

もうひとつは、「逆転裁判」。

新人弁護士の役になって、無罪を勝ち取るゲーム。

こんなのやって笑ってられるのも今のうちですcoldsweats01

殺人事件の弁護は、することはないかもしれないけど、

あるかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クリームコーンポテト

こちらで購入した、ポテトの本からの一品。

粒のコーンだと思って買ったら、クリームコーンだった。

というわけで、クリームコーンを使うレシピ探したら見つかりました。

クリームコーンポテトのレシピ(2~3人分)

Dsc01445

 じゃがいも  400g(小さめ5個くらい)
 コーン    半分 
 卵黄     1個分
 クリームコーン缶 150g
 フレッシュパン粉  20g
 小麦粉       15g
 バター       25g
 オイル       30ml

 1 じゃがいもはゆでて柔らかくし、つぶす
 2 コーンはゆでて、粒の部分をカットしておく
  (粒コーンの缶詰使ってもOK)
 3 卵黄・クリームコーン・パン粉・1・2混ぜる
 4 6等分して丸ハンバーグ型にし、小麦粉まぶす
 5 バターとオイルで両面をこんがり焼く

まあ、クリームコーン缶、4缶パック買っちゃったから、まだあるんだけどねー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧