カフェ・レストラン

マックスブレナー

オージーはチョコが好き。とにかくみんなチョコが好き。

そんなわけで、チョコレート専門店がけっこうあります。その中のひとつが、マックスブレナーというお店で、チョコも買えるし、ホットチョコレートやチョコレートのケーキなどがお店でいただけたりもします。

その中のメニューでも、おもしろいのが、これ。

Dsc01915

SUCKAO(サッカオ)という飲み物。右側のやつ。
小さいチョコレート粒(今回はホワイトチョコレートをオーダー)を、キャンドルで暖められたミルクに入れて、溶かしながら金属のスプーン付きストローで吸って飲む、というものです。吸うの意味の「Suck」と、カカオをくっつけた言葉らしいです。

ちなみに左側はホットチョコレートにコーヒーが混ざった飲み物。これも非常においしいです。

わたしはチョコが好きですが、さすがにこういう甘いものを飲みながら、チョコレートケーキは食べれません。しかし、オージーはチョコレートのどっばーとかかったワッフルのようなものを食べながら、ホットチョコレートを飲んでいたりします。

見てるだけで鼻血でそうです。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

タイ料理やさん

先日、タイ人の女性とお話する機会がありまして。さすが、微笑みの国、タイ。とても笑顔のステキな方でした。彼女のだんなさんが日本人だったのですが、タイの女性と結婚したくなる男の人のキモチが分かる気がしました。

あたしも、ああゆう笑顔を心がけて生きていきたいものです。

で、とりあえず、料理からということで。
タイ料理食べに行きました。
シドニーには本当にタイ料理屋がいっぱいあります。フードコートにも必ずあるし、街中にもとにかくたっくさんあるのですよ。そして、おいしいのですよ。

今回行ったのは、Pitt Stにある、SAAP THAI というお店です。比較的きれいで広くて入りやすい感じです。

いただいたのは、

Pad thai(パッタイというやきそばみたいな料理)

Dsc01995

Tom yum noodle(トムヤムクンに麺が入ってる)

Dsc01994

どちらも非常に美味。8ドルくらい。お得。

私は辛いものが苦手なタイプなのですが、シドニーのタイ料理は日本のタイ料理のように辛くなく、とってもおいしいです。野菜もたくさん入ってて、体にもよさそう。

タイ。すばらしい。

ええと、書いておきたいことは、タイ料理がおいしいということと、ほほえみを常に忘れずに生きていこうと思う、ということです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BILL'S

今日は、とっても有名な人気カフェ、

BILL'S

に行ってきました。ビルズはシドニーに3店あるらしいのですが、われらが行ったのはサリーヒルズのお店。

他のカフェと漂う雰囲気が何か違う。すっきりしてて落ち着いてる。

他にもステキなカフェはたくさんあるけど、シドニーのカフェはもっとごちゃっとした感じのお店が多いんですね。イスとかテーブルとかが違う種類のものが置いてあったり(もちろんわざとだろうが)、いろんな絵が飾ってあったり、新聞とかがごちゃっと置いてあったり。それらと比べて、ビルズは日本の一般的なきれいなカフェに雰囲気が似ていました。他の2店も同じかはわかんないけど。

オーダーしたのは、当然ながら

スクランブルエッグと、

Dsc01929

リコッタチーズのホットケーキ

Dsc01931

おいしゅうございましたよ。本当に。

日本だと、そんなにまずいことってないじゃない。でもシドニーはおいしいところとそうでないところの差が非常に激しいので、おいしいところにあたると本当にうれしいです。

天気予報に反して(まあ、当たらないことのほうが普通なのですが)、とってもいいお天気だったので、オックスフォードストリートを散歩して、パディントンまで行って、バスに乗って帰ってきました。

行きは歩いて行ったんだけど、初めての場所だったから、ちょっと歩道で立ち止まってちょっときょろっとしたら、すかさず横を歩いてたおじいさんに、

どこ行きたいの?

って言われて、

ビルズっていうカフェに行きたいんだけど、

って言ったら、

ああ、ついて来なよ。

って言われて、カフェのすぐ近くまでおじいさんのゆーっくりした歩調に合わせて、おしゃべりしながら行くことになり。

おじいさんは40年くらい前に日本にいたことがあり、池袋に住んでいたそうです。なぜ、こうもオージーはこぞって日本に行ったことがあるのでしょうか。まあ、日本のことが好きな人が、日本人を見つけて話しかけてくるからかもしれないけど、とにかく、日本に行ったことがある人がやたら多く感じます。

目的地まで着いて、ここのすぐ先だよ、って言われ、

ああ、ここクラウンストリートねって言ったら、

クゥゥラアァァウンね、

と、Rの発音をすかさず直されました。

あー、もうその発音は絶対できないんだよ、って言ったら、おじいさんはとっても得意げに何度も巻き舌をして、

RRRRRRRRRR、とやってみせる。

ほらほらやってみなよ。
いや、だからできないのよ。
あははーできなんだよねー日本人はねー、おもしろいよねー。

なんだよ、できないって知ってんじゃんか。

でもとっても親切で楽しいおじいさんでした。こういうフレンドリーな人がたくさんいるところが、この国のいいところのひとつですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

韓国料理

えー。今日は韓国料理を食べにゆきました。

別に家事を放棄しているわけではありません。
最近、天気がよくおでかけ日よりなだけです。
で、昨日のベトナム料理に続き、今日は韓国料理です。

シドニーにはコリアンがたっくさんいます。住んでいる人もたくさんいるし、ワーホリなどで来ている若い人々もたくさんいます。よって、おいしい韓国料理やさんもたくさんあるわけです。

今日行ったのは、ワールドスクエア近く、リバプールストリート沿いにある「BBQ CITY」というお店。きれいだし、おいしかった。

Dsc01639

これは、おなじみ。石焼きビビンバ。

Dsc01641

これもおなじみ、冷麺。

Dsc01640

シドニーの韓国料理やさんのいいところは、なにか料理を頼むと、このようにいろいろなサイドメニューがタダでついてくるところです。
キムチとかナムルとかマカロニサラダみたいなのとか、今日のお店は5皿も付いてきました。しかもおいしい。

ただ、お店のお客さんは圧倒的にコリアンが多いらしく、うちらも当然のようにコリアンとして扱われ、

「いらっしゃいませー。2名様ですか?」(多分こう言ってた)

に始まり、

「冷麺の麺の種類はどっちにしますか?」

「お会計は○○ドルです」

に至るまで、全部韓国語で言われる。

さすがに、麺の種類はわかんないから、

「2つの麺の違いはなんですか?」と英語で尋ねると

「This is delicious」と適当に片方の麺に決められるcoldsweats01

韓国料理やさんでバイトをしている人は、あまり英語力を求められずに雇われるらしいので(お客さんのほとんどがコリアンのため)、仕方ない。

それから、お会計の数字を韓国語で言われてもさすがに分かんないので、だんなはんが「我々日本人なんですよー。」と言ったら、「あー、すいません。てっきりコリアンかと」と言われました。

確かにけっこう見分けつかないです。

ちなみにあたしは中国語で話しかけられたことが、3回くらいあります。

日本にいたら、コリアンとかチャイニーズとか分かる気がするんだけど、ここはとにかくあらゆる人種の人々がいるので、我々日本人からしても、ジャパニーズとコリアンとチャイニーズを見分けるのはけっこう難しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ベトナム料理

今日は、チャイナタウンの近く、ジョージストリート沿いにある、ベトナム料理やさんで晩ご飯をいただいてきました。

2軒並んでベトナム料理やさんがあるので、どっちに入るか悩んで、両方の店の前をうろうろうろうろ。

「City House」という方にしました。

Dsc01638

これは、定番。ビーフのフォー。

Dsc01637

こちらは正しい名前を忘れましたが、素麺くらいの細い米麺に、いろんな野菜と肉(これはチキン)がのっていて、付いてるタレをかけて食べるものです。

それから、これらに加え、生春巻きもいただきました。

どれも美味。そして安い。

ベトナム料理大好き。

今度は迷って入らなかった方の店にも行くdelicious

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お寿司とヌードル

夜は基本的に家でごはんを作って食べてます。

なので、ちょいちょいお昼を外でいただきます。

おとといは、お寿司が食べたい!!

ということで、近所にある評判のいい日本食レストランへ。

その名も「Sushi 侍」

すごい名前だけど、なかなかシックな内装で、近所のビジネス人らしき人で混み合ってた。

うどんやどんぶりものも人気があるみたいだけど、せっかくのネーミングなので、お寿司を。

Dsc01344

これはだんなはんのいただいたにぎりのセット。約20ドル。

Dsc01345

これはあたしのいただいた寿司さしみセット。約15ドル。

お魚はなかなかおいしかったんだけど、しゃりがオージー仕様にしてあるのか、めっちゃ大きくて一口で食べれず。

スプーン付きのおみそ汁がおいしかった。

それから今日はアジア系ヌードルのお店「WokonInn」へ。

ロックスなどにもあります。

ランチにテイクアウェイしてる人がたくさん。

うちらは店内でのんびりいただきました。

麺と味付けと具が選べます。

Dsc01346

これは卵麺でタイ風のベジタリアン。

Dsc01347

こっちは米麺でマレー風のチキン。

どちらも約10ドル。

マレー風のやつがなかなかおいしかった。

米麺って好きなんだよね。

この辺のランチは東京よりもちょっと相場が高いと思う。

テイクアウェイでも1000円くらいするし、

お店で食べると普通のランチでも1500円以上する。

ワインとか飲んでる人もいるからもっとかかるよねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

角のバー

今日、お昼に行った家の近くのバーだけど、

名前を失念しまして。

Dsc01281

窓、全開。眺めがいいです。

あたしの飲み物はレモネード。

だんなはんの飲み物はビール(カールトン)。

Dsc01280

あたしのいただいた、ステーキオープンサンド。

当然、チップス多し。

オーストラリアは、昼休みが長いんでしょうか。

スーツ姿のビジネスマンものんびり食べてるんですよ。

ひたすらしゃべってるし。

ワイン飲んでる人もいるし。

あと、トレーニングウエアで走ってる人もいっぱいいる。

お昼休み2時間くらいあるんじゃないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジャマイカブルー

うちの近くのダーリングハーバーにある

ジャマイカブルー

というカフェでランチしてみました。

オーストラリア全土にたくさんお店があるチェーン店のカフェみたいです。いつも横を通ってたんだけど、あまりにもうちから近いからなんとなく行く機会が今までなくて。

Dsc01208

これはだんなはんが食したビーフバーガー。

案の定、チップス山盛り。

Dsc01209

これはあたしのいただいた

アボカドとチキンとチーズのオープンサンド。

いずれもでかいです。

コーヒー足して、全部で約30ドル。

これ食べたら、夜ふたりともおなかすかなくて。

夜ごはんは、

出前一丁(日清食品のインスタントラーメン)。

二人分で約1ドル50セント。

どちらかといえば、だんなはんは、出前一丁を食べてるときのほうが、おいしそうな顔をしていた気がする。

日本のインスタント食品はたまに食べるとめっちゃおいしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BlackBirdCafe

今日はダーリングハーバーのコックルベイワーフという、カフェやレストランがたくさんあるエリアの、

ブラックバードカフェ

というお店でランチをいただいてきました。

このエリアはハーバー沿いで、席から海や船がきれいに見える、とてもすてきなところです。今日は天気がよかったので、海がきらきらと輝いていて、とってもきれいでした。

オーダーしたのは、

カールトンというビールと、レモネードと

Dsc01056

ピザ マルゲリータと
フィッシュ&チップス

観光地のカフェだけど、おいしかったよ。

店員さんもとっても親切だったし。

特にフィッシュ&チップスは、

サンデースペシャル10ドルだったのでお得!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カフェカンポス

今日は、Cityから電車で10分くらい東に行ったところにある街、New townに行ってきました。ここは、雑貨屋さんや本やさん、レストランやカフェなど小さいお店がたくさん並んでいるところで、変わったファッションの人もたくさんいておもしろい街です。

お店の他は住宅地という感じの地域なので、観光の人はあんまり見かけない気がします。

で、そのNew townにある、とても人気といううわさの「カンポス」というカフェにゆき、

Dsc00947

カプチーノ(右)と

ロング・ブラック(左)

をいただきました。

うわさ通り。おいしい。

今までのどこの店よりもおいしい。

だんなはんもとっても気に入っておりました。

小さいお店だけど、

Dsc00948

雰囲気もなかなかすてき。

また行きたいです。

それから、今日は古本屋でお料理の本を4冊も購入したので、いろいろ挑戦してみようとちょいと気合いを入れている。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

より以前の記事一覧